転職エージェントの3つタイプ(一般型・スカウト型転職サイト・エグゼクティブサーチ型)

転職エージェントといっても、サービス内容によって内容が異なることをご存知でしょうか?

大きく分けると以下の3つのタイプに分かれます。サービス内容を理解して自分自身に最適な転職エージェントを選びましょう。

一般型
キャリアアドバイザーと面談をして条件に合った求人を紹介するタイプ

スカウト型転職サイト
職務経歴やスキルを登録し、人材紹介会社からのスカウトを待つタイプ

エグゼクティブサーチ型
企業から依頼を受けたエージェントが、条件に合う人材を市場から探すタイプ

それでは以下にそれぞれのサービス内容を紹介します。

一般型の転職エージェント

世の中で「転職エージェント」と言われるのはこのタイプ。
サイト登録後、転職エージェントとキャリア面談をした上で求人を紹介してもらう流れとなり、図に表すと以下の通りです。

有名な
(1)リクルートエージェント
(2)DODA(エージェントサービス)
(3)JACリクルートメント
(4)パソナキャリア
(5)マイナビエージェント

などは総合型の転職エージェント。

転職エージェント各社のキャリアアドバイザーが入社までをサポートしてくれますので、

・キャリア相談をしたい場合
・3か月以内に転職したい場合

は総合型の転職エージェントがオススメです。
今までのキャリアを元に、現在募集中の求人から最適な求人を紹介してくれますし、最後の待遇交渉までしっかりとサポートしてくれます。

転職エージェントの登録の流れについては以下の記事を参考にしてください。

関連記事

はじめて転職エージェントを利用するとき、どういった流れで進むのか不安になる方もいるではないでしょうか? 転職エージェント利用の流れは、どの転職エージェントでもほとんど同じ。大まかに以下のような流れとなります。 【エージェント利用の流[…]

スカウト型転職サイト

職務経歴をサイトに登録し、転職エージェントからのスカウトを待つタイプのサービスです。
直接エージェントサービスを提供するわけではないので厳密には「転職エージェントで」はありませんが、混同されることが多いので区別をしてご紹介します。

以下の図の通り、サイトを通して求人データベースに登録。その求人データベースを転職エージェントが検索してスカウトが届く仕組みになっています。

サイトの求人データベースは転職エージェント以外の一般企業にも公開されているケースもあり、スカウトは転職エージェントだけでなく、企業の採用部門から直接届くこともあります。

代表的なサイトはハイクラス求人を取り扱う

(1)ビズリーチ
(2)キャリアカーバー
(3)iX転職

や、幅広い求人と取り扱う

(4)マイナビ転職エージェントサーチ
(5)イーキャリアFA

などです。その他、

(8)リクナビNEXT(エージェントネットワーク)
(9)DODA(スカウトサービス)

など一般的な転職サイトも求人データベースを転職エージェントや企業に公開し、スカウトサービスを提供していますので、転職サイトとの区別もなくなりつつあると考えてよいでしょう。

転職エージェントからスカウトメールが届き、キャリア面談に進む場合は、①の一般型の転職エージェントと同じサービスを受けることになり、企業からスカウトメールが届きスカウトに応じた場合は、通常の選考に進むことになります。

スカウトが届くと「ヘッドハンティングされたかのような感覚」に陥りますが、ヘッドハンティングとは全く別物。転職エージェントや企業の採用担当は一定の条件で求人データベースを検索し、ヒットした大量の求職者にスカウトメールを一斉送信しています。企業からスカウトメールを受け取ったにも関わらず書類選考で落とされることもよくあることなので、スカウトに一喜一憂しないようにしましょう。

ただし、サービスによって「面談確約スカウトメール」というものがあり、このスカウトメールを受け取った場合は書類選考だけは通ったものと考えて構いません。ただし、「面談確約スカウトメール」も大量送信されていますのでお忘れなく。

エグゼクティブサーチ型の転職エージェント

エグゼクティブサーチ型の転職エージェントは俗にいうヘッドハンティング会社です。

経営層・役員クラスの人材や、特殊な技能が必要なプロフェッショナルなど難易度の高い企業からの求人依頼に対応し、採用候補者を探し出し、独自のノウハウで口説き落としていきます。

以下に代表的な会社を紹介しますが、おそらく一般の方はほとんど聞いたことがない会社名でしょう。

★日系
・縄文アソシエイツ
・東京エグゼクティブ・サーチ
・サーチファーム・ジャパン株式会社
・レイノス株式会社
・株式会社プロフェッショナルバンク
・RGF Talent Solutions Singapore Pte. Ltd・・・など

★外資系
・コーン・フェリー ・インターナショナル
・エゴンゼンダー
・ロバート・ウォルターズ・ジャパン
・ラッセル・レイノルズ
・スペンサースチュアート・・・など

上記のような会社でも(1)の一般型の転職エージェントサービスを受け付けていることもありますが、求められるスキルや経験値はかなり高いと考えたほうが良いでしょう。登録はできるかもしれませんが、求人を紹介してもらえないケースが多いと考えてください。

ヘッドハンティング会社に登録する方法

ヘッドハンティング会社の中には(2)の登録制スカウト型のサービスを利用して、企業の依頼にマッチした転職希望者を探すケースもあります。ヘッドハンティング案件に興味がある方は、ヘッドハンティング会社が利用する可能性がある「ビズリーチ」、「キャリアカーバー」あたりに登録してみてください。