転職エージェントと並行して利用すべき「スカウト型転職サイト」とは?

皆さんは「スカウト型転職サイト」をご存知でしょうか?

個人情報と職務経歴を登録し、興味を持った転職エージェントや企業からのスカウトを待つタイプの転職サイトです。転職エージェントに登録し、キャリア相談をしている場合は並行して「スカウト型転職サイト」を利用するのがオススメです。

本記事では「スカウト型転職サイト」について詳しく解説しますので、ぜひ利用してみてください。

スカウト型転職サイトとの利用の流れ

スカウト型転職サイトでは、匿名のキャリアシート(サイト毎に登録する職務経歴等)を公開し、転職エージェントや企業からスカウトを受け取ることができるサービスです。

転職エージェントであれば「自社が抱えている求人案件にマッチした人材」を探していますし、企業であれば「採用候補になりそうだ」と感じた人材に送信します。

登録して待つだけで興味をもった転職エージェントや企業からスカウトが届くので、手をかけずに良い求人に巡り合う可能性もあるでしょう。

スカウト型転職サイトのメリット

スカウト型転職サイトの最大のメリットは「自分自身に興味を持った転職エージェント・企業からのスカウトが来る」という点です。通常の転職サイトでは「希望条件に合う求人に応募をしても、なかなか書類選考が通らない」というケースも多いですが、スカウト経由の応募は通常応募よりも書類通過率が高くなります。

もう1つのメリットは「手間がかからない」という点です。
20代の方や高スキルな方など、人によっては大量にスカウトメールが届くと思いますが、興味がないスカウトメールは無視して構いません。自分自身が興味のあるスカウトメールにだけ返信すれば良いので、手間をかけずに転職活動を進めることができるでしょう。

スカウトメールの種類

スカウトメールと言っても以下の3種類のスカウトメールがあり、それぞれ送信者・送信内容が異なります。

(1)転職サイト運営者が自動送信するスカウトメール
(2)転職エージェントが送るスカウトメール
(3)企業の人事採用者が送るスカウトメール

上記のスカウトメールについて詳細を以下で解説をします。

(1)転職サイト運営者が自動送信するスカウトメール

1つ目は転職サイト運営者が自動送信するスカウトメールです。会員登録時に入力された情報(職歴・希望条件)にマッチする企業をおススメするメールになります。

大量の登録者に送信されており、スカウトメールというよりは、メルマガ広告に近いものだと考えたほうが良いでしょう。一定のルールで自動送信しているため求人のマッチ率も低く、ほとんどの登録者は無視しているかと思います。

(2)転職エージェントが送るスカウトメール

転職エージェントからスカウトメールには2つのパターンがあり、少し属性がことなるため、それぞれ詳しく解説します。

特定の企業を紹介するスカウトメール

「株式会社〇〇〇〇のマーケティング職の求人を紹介したい」と具体的な大手企業名を出したスカウトメールが届くことがあります。ヘッドハンティングを行なっているようなエグゼクティブサーチ型の転職エージェントからのスカウトの場合、好待遇で迎えられるような求人の可能性もありますので、興味がある企業であればスカウトの応じても良いかもしれません。

「おとり求人(紹介する気はないが求職者の興味を引くために記載した求人)」である可能性もありますので、そういった転職エージェントに引っ掛からないように注意が必要です。明らかに自分の身の丈に合わない求人の場合は「おとり求人」の可能性が高いと考えたほうが良いでしょう。

転職支援サービスを促すスカウトメール

「あなたのキャリアに大変興味を持ちました。まずは面談してみませんか?」といった転職支援サービス(エージェントサービス)に誘導するタイプのスカウトメールです。この手のメールは一定の条件で大量の登録者に送信されていることが多く、実質は営業メールだと考えたほうが良いでしょう。(私が知っている転職エージェントは「アルバイト」に大量のスカウトメール送信を依頼しています・・・)

ただし、職務経歴書をしっかりと読み込んだ上でスカウトメールを送っているケースもあります。このような方は「優秀なキャリアアドバイザー」の可能性が高いので、「定型文ではないスカウトメール」に興味を持った際にはスカウトに応じても良いと思います。

(3)企業の人事採用者が送るスカウトメール

企業の採用担当者から直接送られてくるスカウトメールです。
転職エージェントからのスカウトメールに比べると、ターゲットとなる対象者を絞り込んでいるケースが多いですが、それでもかなりの対象者に送信していると考えたほうが良いでしょう。

企業からスカウトメールの中には「プラチナスカウト」と呼ばれるような優遇措置がとられていることも多いです。例えば「面談確約スカウト」など書類選考が免除になるスカウトメールの場合、一次面接からスタートとなりますので、優位に働くと考えてよいでしょう。中には「役員面接確定」「社長面接確定」「前職給与保証」といった表示がされているケースもあります。最終面接のみであったり、給与の最低条件が事前に分かるというのは応募者にとってもメリットがあるので、興味を持ったプラチナスカウトには応じても良いと思います。

スカウト型転職サイトの有効な使い方

転職エージェントと並行利用がおすすめのスカウト型転職サイト。

90%のスカウトメールは無視して構いませんが、10%の有益なスカウトメールを見つけて興味があるようであれば応募してみましょう。特に優遇措置がついた「プラチナスカウト」は、厳しい条件で対象者を選定していることが多く、企業が求めている人材要件にマッチしている可能性が高いです。「プラチナスカウト」が届いた場合は、送信先の企業のことを良く調べて、興味が沸いた場合は応募してみても良いでしょう。

自己評価の分析データとして活用

その他、スカウトメール送信元の企業の傾向を分析することで、自分のキャリアに対してどのような業界や企業からニーズがあるのかを把握することもできます。もし、別業界の企業からのスカウトがある場合、親和性の高い業界の可能性が高いなど、転職活動の対象業界を見直すための分析データにもなるでしょう。

単なる「スカウトメール」ですが、正しく分析すれば有効なデータとして活用できますのでぜひ活用してみてください。

スカウト機能がある転職サイト一覧

サイト名 会員登録 公開求人数 対象
年代
総合型 リクナビNEXT 47,954件 20代~50代
・超有名大手サイト。幅広い求人を保持
・リクルートグループの安心感
DODA 75,773件 20代~50代
・総合型転職サイトでは求人数No.1!
・パーソルグループの安心感
エン転職 6,523件 20代~50代
・若手の強い求人サイト。(エンだけの掲載求人80%)
・3年連続総合満足度No.1
マイナビ転職 12,957件 20代~50代
・幅広い求人掲載(マイナビ転職だけの掲載求人84%)
・マイナビグループの安心感
ハイクラス(スカウト型) ビズリーチ 127,000件 20代~50代
・質の高いハイクラス求人を多数掲載
・掲載求人の1/3が年収1000万以上
キャリアカーバー  62,365件 20代~50代
 ・年収800万~2000万の求人が多数掲載
・リクルートグループの安心感
iX転職  非公開 20代~50代
・年収800万以上の求人多数
・パーソルグループの安心感
スカウト型



マイナビ転職エージェントサーチ 102,733件 20代~50代
・大手マイナビが運営するスカウト型転職サイト
・10万件以上の求人掲載
イーキャリアFA 137,210件 20代~50代
 ・ソフトバンクグループが運営するスカウト型転職サイト
・求人数13万件!スカウト型転職サイトの求人数No.1
IT業界

Green 18,189件 20代~50代
・IT業界に特化した求人サイト
・急成長ベンチャー、スタートアップ企業の掲載多数