金融業界でおすすめの転職エージェント6選

金融業界への転職におすすめの転職エージェント

「金融系の職に就いて年収アップを目指したい」
「規則正しい生活を送るために金融業界に転職したい」

そんな風にお思いの方は多いことでしょう。高年収・キャリアアップを目指せる金融業界は非常に人気の高い業界です。

ほかの業界よりも企業の採用活動も盛んですので、転職エージェントの活用は必須だと言えます。

今回は、金融業界への転職に強いおすすめの転職エージェントを6社に厳選してご紹介します。

数ある業界のなかでも上位の市場規模を誇る金融業界。納得のいく転職を行い、安定感のあるライフスタイルを手に入れましょう。

総まとめ
・未経験者・女性は金融業界の「営業職」がおすすめ
・金融業界への転職はほかの業界よりも難易度が高いので転職エージェントを活用するべき
・「金融業界特化型」と「総合型」の転職エージェントを2~3社併用するべき

市場調査|金融業界の転職市場動向

金融業界の転職市場

転職活動をはじめる前に、市場動向は最低限把握しておくべきポイントです。

業界最大手リクルートグループが実施した『リクルートエージェント』転職決定者数の分析によると、銀行・証券業界は入職率が右肩上がりだと見受けられます。

転職決定推移

また、下記に当てはまる人材は多くの金融系企業が求めているようです。

・キャッシュレス決済関連業務を担う人材
・営業職・金融専門職経験者
・ITセキュリティを担う人材

新卒採用が盛んな金融業界ですが、現代の中途採用市場により柔軟な思考を持つ採用担当者も増えています。

金融業界への転職は、ほかの業界よりも難易度が高いものの入職しやすい職種を選べば転職を成功できるでしょう。

未経験者・女性歓迎!金融業界への転職におすすめの職種

金融業界への転職におすすめの職種

金融業界は、業界の実務経験があり、なおかつ長く働ける人材を求めている傾向にあります。

そのため未経験者やライフイベントが頻繁に訪れる女性にとって「転職難易度が高い業界」といえるのです。

しかし金融業界のなかでも「営業職」であれば、転職成功する可能性があります。

営業職は金融業界に限らず常に人材不足が深刻化している状況です。

たとえば、下記の営業職であれば女性や未経験者を採用する企業が多い傾向にあります。

・生命保険
・傷害保険
・リース
・証券

上記は、高年収を目指せる職種の1つです。転職を検討している場合は転職エージェントのサポートを受けながら事前準備を念入りに行いましょう。

金融業界への転職は転職エージェントをフル活用すべき理由

転職エージェントを活用するべき理由

金融業界への転職を希望する方は、転職エージェントをフル活用するべきです。

その理由は、金融業界はほかの業界よりも市場規模が大きく、人気があるからです。

ほかの転職希望者も多く入職難易度が高い傾向にあります。

とくに未経験者やライフイベントを考慮しなければならない女性は、転職エージェントを活用しなければ転職成功は難しいでしょう。

転職エージェントを利用するメリットは次の7つです。

1.専任のキャリアアドバイザーに相談できる
2.金融業界に精通したアドバイザーにサポートしてもらえる
3.自分の条件にあう非公開求人を紹介してもらえる
4.履歴書・職務経歴書の添削・アドバイスをもらえる
5.推薦状を送ってくれる
6.面接のサポートが受けられる
7.労働条件・年収交渉を代行してくれる

すべての転職エージェントが上記のサポートをしてくれるわけではありません。

転職エージェント選びを失敗してしまうと、転職活動が長引く可能性も。

金融業界特化型の転職エージェントは50社以上存在します。

転職キャリアBiz編集部がすべてのエージェントを徹底比較して、おすすめの転職エージェントを6社に厳選してご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

【徹底比較】金融業界におすすめの転職エージェント6選!

金融業界の転職エージェント

金融業界に強い転職エージェントを6社に厳選してご紹介します。

外資系金融業界への転職したい人におすすめの転職エージェント

KOTORA(コトラ)

コトラ

・業界出身の転職エージェントによるサポート
・中長期的なサポート
・ハイクラスクラウドソーシングサービスなどの特設サイトが充実
リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

・年収800~2,000万円のハイクラス転職
・企業からスカウトメールが届く
・レベルの高いコンサルタントを選べる

金融業界への転職で年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント

ビズリーチ

ビズリーチ①

・年収2,000万円超えの案件が豊富
・ヘッドハンターからの直接スカウト
・求人の1/3が年収1,000万円超えの案件
・有料会員有り
マイナビ金融エージェント

マイナビ金融エージェント

・金融業界出身キャリアアドバイザーによる専門的なサポート
・独占求人を多数保有している
・第二新卒や20代~30代の転職支援実績が豊富

未経験から転職業界に転職したい人におすすめの総合型転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

・業界最大手のリクルートグループが運営
・非公開求人の保有数が10万件以上
・異業種転職のサポートが手厚い
doda

デューダ

・転職者満足度No1
・独占求人が豊富
・非公開求人保有数10万件以上
・転職回数が少ない、未経験者にもおすすめ
・書類添削、模擬面接などの手厚いサポート

外資系金融業界への転職したい人におすすめの転職エージェント

ここでは、外資系金融業界への転職を目指す人におすすめの転職エージェントを2社に厳選しご紹介します。

・ハイクラス人材向けの「KOTORA(コトラ)」
・年収アップを目指す人向けの「リクルートダイレクトスカウト」

どちらも質の高いコンサルタントに無料で相談できる点が魅力的。それぞれおすすめなポイントを詳しく解説していきます。

ハイクラス人材向けの「KOTORA(コトラ)

コトラ

KOTORA(コトラ)がおすすめの人

・業界出身の転職エージェントにサポートをしてほしい
・年収アップが見込める企業に転職したい
・中長期的なサポートを受けてゆっくりと転職先を検討したい
・ハイクラスクラウドソーシングサービスが気になる

コトラは、スペシャリスト人材・ハイクラス人材におすすめの特化型の転職エージェント

業界出身の転職エージェントが在籍しているので、専門性の高いサポートを受けられます。

外資系金融に特化しており、金融業界の求人数は業界トップクラス。外資系金融への転職は難易度が高いので、中長期的にサポートしてくれる点も嬉しいポイントです。

また、コトラはさまざまなコンテンツやWebサイトを特設しています。なかでも気になるのは、金融業界の単発的な仕事を受けられるクラウドソーシングサービスコトラプロ

現職を続けながら、企業にプロジェクト単位で仕事を依頼してもらえるので、収入源を増やせるメリットも。平均月収100万円以上のハイクラスクラウドサービスを利用したい方におすすめです。

金融系求人1,698件以上
全体の求人数(非公開含む)11,107件以上
エリア全国
オンライン

コトラの公式サイトはこちら

年収アップを目指す人向けの「リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトがおすすめの人

・年収800~2,000万円のハイクラス転職を目指す
・企業からスカウトメールを受けたい
・レベルの高いコンサルタントを自分で選んで相談したい

リクルートダイレクトスカウトは、業界最大手のリクルートが運営するハイキャリア特化型の転職エージェント。年収800~2,000万円のハイクラス転職も叶えられるので、高年収を目指す人におすすめです。

また、転職決定年収平均900万円以上の実績を持っています。レベルの高いコンサルタントを自ら選んで相談できる点もリクルートダイレクトスカウトならではの魅力。

登録後にレジュメを作成すれば、企業がスカウトメールを送ってくれる可能性があるので、興味がある人は一度登録をしてみましょう。

金融系求人数5,229件以上
全体の求人数(非公開含む)74,995件以上
エリア全国・海外
オンライン

金融業界への転職で年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント

ここからは、年収600万円以上の高年収を得ている人におすすめの転職エージェントをご紹介します。

金融業界への転職で年収1,000~2,000万円を目指す人は参考にしてくださいね。

リクルートダイレクトスカウトの公式サイトはこちら

年収2,000万円超えの案件が豊富「ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチがおすすめの人

・年収600万円を超えている
・質の高いコンサルタントにサポートしてほしい
・金融業界での実績・スキルに自信がある
・年収1,000~2,000万円以上を目指している

ビズリーチは、すでに高年収(600万円以上)を得ているハイクラス人材向けの転職エージェント。

年収2,000万円超えを達成する案件も多数掲載されています。

求人の1/3が年収1,000万超え案件ですので高年収・キャリアアップを目指す人におすすめです。

ビズリーチの非公開求人に応募したり、キャリアコンサルタントに相談するには一部有料となっています。

質の高いコンサルを受けられるうえ、ヘッドハンティングされる可能性があるので登録しても損はないでしょう。

金融系求人3,836件以上
全体の求人数(非公開含む)63,354件以上
エリア全国
オンライン

ビズリーチの公式サイトはこちら

高年収を目指せる企業の独占求人数が多い「マイナビ金融エージェント」

マイナビ金融エージェント2

マイナビ金融エージェントがおすすめの人

・金融業界出身のキャリアアドバイザーにサポートしてほしい
・非公開求人や独占求人を見逃したくない
・第二新卒や20代~30代で転職経験が少ない

マイナビ金融エージェントは、大手のマイナビエージェントが運営する金融業界に特化したサービスです。

メガバンクや地銀、証券、生保など金融業界出身のキャリアアドバイザーが全面的にサポートしてくれるので、高年収が期待される企業への転職を成功できます。

金融系求人は、非公開を含めると500件以上保有している点もマイナビ金融エージェントの魅力のひとつ。

マイナビ金融エージェントでしか取り扱いがない独占求人も多く保有しているので、レア求人を見逃したくない方におすすめです。

金融系求人622件以上
全体の求人数(非公開含む)58,000件以上
エリア全国
オンライン

マイナビ金融エージェントの公式サイトはこちら

未経験から転職業界に転職したい人におすすめの転職エージェント

ここまでは金融業界への転職に強い特化型の転職エージェントをご紹介しました。

ここでは、求人保有数が10万件超えの大手総合型転職エージェントを2社に厳選し、ご紹介します。

転職エージェントを利用する際には、特化型と総合型を併用するのがおすすめですのでチェックしましょう。

業界最大手で保有求人数NO.1「リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントがおすすめの人

・非公開求人をチェックしたい

・未経験で金融業界に異業種転職したい
・業界最大手の安定感あるサポートを受けたい

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートグループが運営する転職エージェントです。

未経験でも金融業界に異業種転職できるよう手厚いサポートを受けられます。

非公開求人の保有数は100,000件以上ですので登録してレア求人をチェックしましょう。

リクルートエージェントは、店舗数が多く、サポート体制が整っています。店舗へ足を運び、本格的な転職活動を進めたい方におすすめです。

金融系求人1,798件以上
全体の求人数(非公開含む)317,541件以上
エリア全国
オンライン

リクルートエージェントの公式サイトはこちら

独占案件の保有数が圧倒的に多い「doda

doda

dodaがおすすめの人

・独占案件などのレア求人を見逃したくない
・スキル、実務経験がない
・第二新卒、未経験者向けの金融業界の求人をチェックしたい
・書類添削や模擬面談などのサポートを受けたい

dodaは、パソナキャリアが運営するリクルートエージェントに次ぐ業界大手転職エージェントです。

dodaは、独占求人の保有数が多く、dodaにしかないレア案件が多数掲載されています。

またdodaは求職者一人一人に専任のアドバイザーがつき、「丁寧にサポートをしてくれる」と好評です。利用者の満足度が高い点もdodaの魅力のひとつ。

dodaは、「自己分析」や「適正年収算出」などさまざまな独自開発ツールを提供しています。転職活動をスムーズに進められる材料のひとつとなるはずですので、積極的に活用しましょう。

金融系求人632件以上
全体の求人数(非公開含む)131,974件以上
エリア全国
オンライン

dodaの公式サイトはこちら

金融業界の転職エージェントを利用する前に押さえておくべき注意点

注意点

ここでは、転職エージェントを利用する前に、押さえておきたい注意点を5つにまとめました。

金融業界に限らず転職エージェントを利用際には必ずチェックしておきましょう。

1.担当者と相性があわない場合は変更してもらう

ほとんどの転職エージェントでは、自分の転職支援をする担当者がつきます。

担当者との相性が良ければ転職先をスムーズに見つけることができ、内定獲得率も高まるはずです。

しかし意思疎通が図れなかったり、希望条件とはあわない求人ばかり紹介してきたりする担当者も存在します。

担当者の発言や態度に不信感があれば、転職エージェント宛に担当者変更依頼のメールを送りましょう。

2.経歴やスキル・年収は正直に話す

金融業界の求人情報において「年収600万円以上」「金融業界3年以上」などの条件をよく見かけます。

「自分には見合わない求人だけど、どうしてもここで働きたい」という思いから年収や実績、スキルを偽る人も。

しかし転職エージェントでは、求職者一人一人の登録情報や担当者との会話が記録されるので嘘がバレてしまいます。

「数年前と登録情報が違う…。」と、すぐに見抜かれてしまうので、正直に話してくださいね。

また、転職エージェントから「嘘偽報告を行う人材」と認識されてしまった場合、求人紹介を受けられなくなるので注意が必要です。

3.応募企業の下調べを徹底する

転職エージェントに在籍している担当者は、優秀な人ばかりですので頼りすぎてしまう求職者も。

「担当者が紹介する=優良求人」という風に、なにも疑わずに応募する人も多いはずです。

しかし担当者にとっての良い求人が自分にとっても100%優良求人だとは限りません。

まずは紹介を受けた企業を念入りに下調べをしてブラックな部分はないか確認してくださいね。

社員や元社員のクチコミが寄せられる「openwork」や「転職会議」を利用すれば、社内の内部事情を把握できます。

「残業が多すぎる」「自分のスキルが正しく評価されない」など実際に働いている人の不満が勃発している可能性も。

もし応募企業が自宅から近ければ、足を運んでみるのも一つの手です。

4.推薦文は自分の目で確認する

転職エージェントは、求職者一人ひとりの「推薦文」を作成します。

推薦文は、だいたい100~200文字程度で企業の採用担当者の目に触れる重要な文章です。

担当者が新任だったり、優秀でなかったりする場合は、この推薦文が支離滅裂とした文章になっているケースも。

自分をアピールする重要な材料ですので、必ず自分の目で確認するようにしてください。

直接、担当者に言いづらい場合は下記のメッセージを送ると良いでしょう。

『面接時に相違があると困るので、推薦文を見せて頂けますか?』
『自分を客観的に見直したいので、推薦文を拝見させてもらうことは可能でしょうか?』

5.同じ案件に複数の転職エージェントからエントリーしない

複数の転職エージェントを利用している場合に、それぞれ別のエージェント経由で同じ企業にエントリーしてはいけません。

企業の採用担当者は、複数の転職エージェントを介し、同じ人材から応募が届くと不信感を抱くでしょう。

また、どのような経由で応募されたのかは一目でわかります。

企業の採用担当者が転職エージェントに「この求職者はほかのエージェントからも応募が届いています」と伝えてしまうケースも。

応募企業の採用担当者だけでなく、転職エージェントからも不信に思われてしまうので今後の転職活動に悪い影響を及ぼすでしょう。

金融業界への転職に関するよくある質問

FAQ

金融業界への転職を考えているときに、さまざまな不安や疑問が浮かぶかと思います。

ここでは、金融業界への転職にまつわるよくある質問にお答えするので参考にしてくださいね。

FAQ
・金融業界への転職は難しいの?
・金融業界に求められる資格やスキルは?
・金融業界への転職が有利になる資格は?
・40代でも金融系の職業に転職できる?

気になる項目からチェックして、不安を払拭したうえで気持ちよく転職活動をスタートしましょう。

金融業界への転職は難しいの?
金融業界は、ほかの業界よりも転職難易度が高い傾向にあります。

ただし、ひとくちに「金融業界」といってもさまざまな業種があるので、一概には言えません。たとえば、外資系・政府系金融機関への転職は、業界経験者でなければ難しいでしょう。

一方、生命保険や証券、傷害保険、リースなどの営業職であれば未経験者でも採用する企業が多いことがわかっています。

金融業界に求められるスキルは?
コミュニケーション能力と知的好奇心が求められます。

金融業界の多くは「無形商材」を扱うため、営業担当者の信頼性が非常に重要です。

高いコミュニケーション能力を持ち、丁寧なヒアリング、提案ができなければ顧客満足度が下がってしまうでしょう。

また、金融商品にはさまざまな法律があるので入社後もひたむきに勤勉に励む知的好奇心が必須です。

金融業界への転職が有利になる資格は?
転職に有利に働く資格は、職業によって大きく異なります。
資格特徴
証券アナリスト・証券投資・企業評価のプロフェッショナル
・金融機関はもちろんのこと一般事業企業のIR部門や商社、メーカでも活躍
CFA・金融業界の最新トレンドに対応した知識習得
・全世界で通用する
ファイナンシャルプランナー・個人の資産設計をサポート
・国家資格(FP技能士)と民間資格(AFP・CFP®)が存在する

ただし資格を取得したから内定を獲得できるというケースは稀です。

ほとんどの場合、応募企業は求職者の「人間性」を評価するので『資格取得後→転職活動開始』の流れは、遠回りに感じます。

資格よりも転職エージェントを活用した方が圧倒的に有利に働くので、まずは転職エージェントを活用した求人チェックからはじめると良いでしょう。

40代でも金融系の職業に転職できる?
40代でも経験や実績があれば転職できます。

転職がもっとも有利になる年代は、20代です。30代からは入職率が少しずつ下がり、40代後半には大きく下落します。

厚生労働省グラフ

40代の転職は金融業界に限らず難易度が高いので、実務経験やスキル、実績を言語化し、応募企業にアプローチすると良いでしょう。

参考文献:厚生労働省による「年齢階級別入職率・離職率(令和元年上半期・女)」

まとめ|金融業界への転職は転職エージェントを併用しよう

転職エージェント 金融まとめ

今回は、金融業界への転職を目指す人に向けておすすめの転職エージェントを6社に厳選してご紹介しました。

転職エージェントを上手く活用するためには、金融業界特化型総合型の転職エージェントを併用しましょう。

金融業界への転職ノウハウを保有するエージェントの手厚いサポートを受けて、内定獲得率を飛躍的に高めてくださいね。

総まとめ
・未経験者・女性は金融業界の営業職がおすすめ
・金融業界への転職はほかの業界よりも難易度が高いので転職エージェントを活用するべき
・金融業界特化型と総合型の転職エージェントを2~3社併用する

※他のエージェントも確認したいという方は全国の転職エージェント・転職サイトを徹底的にまとめたこちらの記事も参考にしてください。

【完全版】全国約400社の転職エージェント・サイト一覧(2021年)

編集部が調査した全国の転職エージェントを紹介!転職エージェントの傾向を「カウンセリング」「求人紹介(求人数)」という2つの観点で評価します。総合型の転職エージェント・サイト一覧大手総合型の転職エージェント【大手総合型転職[…]