20代後半の転職は厳しい?おすすめ転職エージェント8選も紹介

20代後半に差しかかったことを機会に、自身のキャリアを見直して転職を検討する人が多くいます。転職する難易度は業界・職種によって異なるものの、一般的には20代前半に該当する「第二新卒者」が最も有利だといわれています。そのため、20代後半の人の中には「今から転職することは難しそう」と感じる人もいるでしょう。

しかし、20代後半は多少のスキル・若さがあるため、年収アップを目的とした転職が”最も”しやすい年代です。

この記事では、20代後半の転職事情・転職に成功する人の特徴や転職の進め方・転職しやすい業界・職種を紹介します。20代後半の人に適した転職エージェントも紹介するため、20代後半で転職を検討している方の参考となれば幸いです。

20代後半の転職事情は?

ここでは、厚生労働省の「令和2年雇用動向調査結果の概況」の情報をもとに、20代後半の転職事情を紹介します。

20代後半の転職事情は、20代前半とさほど違いはありません。転職入職率を見ると、20代前半の男性は12.7%・女性は13%であり、20代後半男性は12.4%・女性は12.2%です。転職入職率は、30代・40代と年齢が高くなるにつれて低くなる傾向であるため、転職を検討している人は、早めに活動を始めたほうがよいでしょう。

転職入職者・転職入職率とは?
転職入職者:企業を転職した人のことで、入職者のうち入職前1年以内に他の企業で就業経験がある人のこと。
転職入職率:「転職入職率=転職入職者数÷2020年6月時点の常用労働者数×100(%)」の数式で出した数値のこと。

20代後半の人は、「職場の人間関係が好ましくなかった」ことが理由で転職する人が少なくありません。また、男性は給与面・会社の将来性なども加味したり、女性は給与面・労働環境を重要視したりする傾向です。一方で、仕事内容・個人の能力のミスマッチによって転職を考える人は、男女ともに多くありません。

転職後における給与の増減事情は増加した人が37.2%、変わらない人が30.3%、減少した人が32.3%です。給与が増加した人の割合は、20代前半の47.6と比べて低くなっており、年収アップを目指した転職の難易度は上がることが考えられます。転職後に必ずしも給与が上がるわけではないため、求人情報の給与面・待遇面をしっかりと確認した上で転職先を選ぶことが大切です。

(出典:厚生労働省「令和2年雇用動向調査結果の概況」

20代後半の転職が厳しいといわれる理由

20代後半の転職が厳しいといわれる理由は、20代前半とは異なりある程度のスキル・経験が求められるためです。たとえば、営業職であれば過去の成約実績、クリエイティブ職であれば制作物の提示などが面接時に問われることが多くなります。面接を受ける前には、志望動機・入社後の展望で伝える内容を考えるだけでなく、キャリアの棚卸しも必要になるでしょう。

また、20代後半は将来性とある程度の経験があることが強みですが、裏を返すと年齢・経験ともに中途半端であるといえます。そのため、若さを重要視する企業・即戦力になる人材を求める企業では、採用を見送ることも少なくありません。転職先を探すときには、企業の求める人材と自分の能力・適性がマッチしているかを必ず確認しましょう。

20代前半・30代との転職の違い

ここでは、20代後半の転職と20代前半および20代の転職の違いを紹介します。

20代前半の転職事情は?
20代前半は「第二新卒」と呼ばれることが多く、20代後半と比較して未経験の業種・業界どちらにも挑戦しやすい傾向です。専門的なスキル・経験が求められることは少なく、企業は熱意・将来性を加味して20代前半の人材を採用します。ただし、何度も転職を繰り返している人には、忍耐力・根性が足りないという判断を下す企業も少なくありません。
30代の転職事情は?
30代の人材には、業務・業界に対する専門性・部下をマネジメントした経験を求める企業が増えてきます。「ポテンシャル採用」に該当しなくなり、20代後半と比べると転職できる業界・職種は狭まります。30代以降に転職することを検討している人は、現在の業務の専門性を深めることで、転職成功率はアップするでしょう。

20代後半の転職は、今後のキャリアに大きな影響を与えるため慎重に企業を選ぶことが大切です。30代以降になると未経験の職種・業界にチャレンジすることは難しくなるため、キャリアチェンジを考えている人は、20代後半で転職することをおすすめします。

20代後半の転職で成功する人の特徴

20代後半の転職は昇進に大きな影響を与えるため、求人情報を精査することが大切です。

転職は「ワークライフバランスの実現」「給与アップ」「専門性の向上」など、目的は個々によって異なりますが、成功する人にはいくつかの特徴があります。そのため、転職活動を進める際には20代後半の転職で成功する人の特徴を真似ることが重要です。

ここでは、20代後半の転職で成功する人の特徴を3つ紹介します。

転職する理由が明確な人

転職する理由が明確な人は、希望条件に合った企業に出会いやすい傾向です。企業に求める条件が定まっているため、転職先の候補が絞りやすく効率よく転職活動を進めることができます。

転職する理由を明確にするコツは、今の職場で特に我慢できない項目を3つ程度挙げることです。たとえば、「残業が多い」「休みが少ない」「出勤時間が早い」などが我慢できない項目であれば、時間に融通を利かせやすい職場をピックアップすることが重要です。

転職する理由が不明確なまま求人を探すと、転職先でも同じ不満を抱える原因になります。そのため、転職する理由を明確に定めた上で、転職活動を始めることが大切です。

自分の短所を理解している人

転職は自分を企業に売り込む場であるため、長所だけでなく短所を知っておくことも大切です。自分の短所を見つけるためには、自己分析をしたり家族・友人に聞いたりすることが有効です。

短所を理解することで適性のない業界・職種を見抜くことができ、自分に合った仕事を探しだすことができます。転職する理由を明確にすることと併せて、自分の短所も理解しておきましょう。

1社にこだわらない人

転職する際は、1社にこだわらず複数の企業へ応募しましょう。中途採用は新卒採用に比べて募集人数が少なく、内定がもらえる確率は低い傾向です。1社に執着すると不採用になったときのダメージが大きく、別の企業に応募するまでに時間を有する人が少なくありません。

また、複数の企業から内定がもらえると給与・待遇面を比較でき、条件が最もよい企業を選択できます。自分に合った企業を見つけられる可能性が高くなるため、1社にこだわらず転職活動を進めましょう。

20代後半の転職で失敗する人の特徴

転職に成功する人がいる一方で、失敗する人も多くいます。転職に失敗すると、「同じ業種にチャレンジしたものの給与が下がる」「転職先でも今と同じ悩みを抱える」など、転職を繰り返すことにつながります。短期間で転職を繰り返すと企業への印象が悪くなり、思うように転職先を見つけられなくなる傾向です。

ここからは、20代後半の転職で失敗する人の特徴を2つ紹介します。

キャリアビジョンが定まっていな人

キャリアビジョンが定まっていない人は、転職に失敗する可能性が高くなります。たとえば、「今の仕事が飽きた」「何か新しいことをしたい」など、場当たり的に転職することが挙げられます。

キャリアビジョンを定めることが難しい場合は、「転職後に〇〇の仕事をしたい」「〇〇年後に管理職に就きたい」など、将来的になりたい理想像をイメージすることが大切です。キャリアビジョンを思い描くことで、本当に転職すべきかを判断することもできます。

ネガティブな感情で転職を進める人

「今の仕事から逃げ出したい」など、ネガティブな感情だけで動くことも、転職に失敗しやすい人の特徴です。転職サイトなどに掲載されているすべての求人がよい待遇に見えるため、転職先を選ぶ際に適正な判断ができません。

また、短期間で転職先を決めることから、満足な企業調査ができず、入社後に企業が求めるレベルと自分のスキルでミスマッチしていたことに気づくケースも多くあります。業務内容・企業が合わないことが理由で転職することは問題ありませんが、転職したい理由を明確に定めた上で転職活動を始めましょう。

成功率がアップする転職の進め方

転職の成功率を上げるためには、適切な手順を踏むことが大切になります。一般的に転職活動を開始してから内定をもらうまでの期間は、3か月程度です。成功率がアップする転職の進め方は、下記のとおりです。

     

    • ①事前の準備

転職をする際は、求人情報をいきなり探さず自己分析・転職したい業界・業種を考える時間を設けましょう。1人で自己分析などを進めることが難しい場合は、転職エージェントのキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進めることをおすすめします。

     

    • ②応募する企業の選定

応募する企業を選定する際は、ゆずれない希望条件をいくつか絞った上で求人を探しましょう。応募する企業は3〜5社程度に絞り、各企業のメリット・デメリットを書き出しておくと、履歴書を書く際に役立ちます。

     

    • ③書類作成

履歴書・職務経歴書などは、提出すると手元に戻ってこないため、応募する企業の数だけ作成しましょう。また、学校の卒年度・保有資格・職務経歴などは同じ内容で問題ありませんが、志望動機・自己PRは企業ごとに変えることが大切です。志望動機には応募先の社訓・企業理念などを絡めた内容にすると、印象がよくなります。

     

    • ④面接

面接を受ける際は「志望動機」「自己PR」「これまでの経歴」など、聞かれる可能性が高い質問に関しては、回答内容を考えておくことが大切です。面接の最後には逆質問の時間が設けられていることが多いため、「今後の事業展開」「転職先で活躍している人の特徴」など、聞いておきたい質問を用意しておきましょう。

     

    • ⑤内定〜入社

内定をもらえたら、給与面・入社時期の交渉を行います。入社時期は、引き継ぎ・有給休暇消化期間を加味して内定をもらった日から2か月以上先にしましょう。独断で入社時期を決めることに不安がある場合は、退職する旨を現在の職場に伝えた後に、退職日が決定してから転職先に伝えることも有効です。円満に退職するためにも、退職日まで気を抜かず引き継ぎなどの業務に取り組みましょう。

転職をする際は、長く勤められる企業を見つけるために「事前の準備」「応募する企業の選定」「書類作成」に時間をかけましょう。また、転職した経験がある家族・友人の流れを参考にすることもおすすめです。

20代後半の転職でよくある質問

ここでは、20代後半の転職でよくある質問を2つ紹介します。

性別で転職する難易度は変わりますか?
性別によって転職する難易度は変わりません。ただし、結婚・出産を控えている女性に対しては、産前産後休業・育児休業に入る可能性があることから、採用に消極的になる企業は一定数存在します。そのため、結婚・出産を控えている女性が転職をする際は、働き方に柔軟性がある企業なのかを確認することが大切です。
転職回数によって不採用になるケースはありますか?
近年は、転職することに違和感を覚える人が減ってきたため、転職回数によって不採用になることはほとんどありません。しかし、1年未満で退職している・5回以上転職しているなど、1つの企業に長く勤めた経験が少ない人は、「採用してもすぐに辞めるのでは?」というイメージを企業に与える可能性がある点に注意しましょう。

転職を検討している人は、悩みをもったまま転職活動を進めず、その都度問題を解決することが大切です。

【20代後半向け】転職しやすい業界・職種

業界・職種によって転職する難易度は、業界・職種によってさまざまです。「複数社から内定を得たい」「短期間で転職をしたい」という人は、転職しやすい業界・職種から求人を探しましょう。

基本的に転職しやすい業界・職種は、「未経験者でもチャレンジしやすい」「慢性的な人手不足が続いている」という特徴があります。ここでは、転職しやすい業界・職種を紹介します。

転職しやすい業界

転職しやすい業界は、下記の3つです。

・物流業界
・IT業界
・製造業界

物流業界では、トラックを運転して企業や個人宅へ必要な荷物を届ける仕事を行います。近年は、インターネットショッピングが普及したことにより、人材を求める企業が多くあります。

IT業界の特徴は、プログラミング・Webマーケティングなどさまざまな職種があることです。「ポテンシャル採用」を実施している企業が多く、教育環境が整っているため、未経験者でもチャレンジしやすい傾向です。また、仕事を通して手に職を付けることができます。

製造業界は日本の産業の大部分を占めるため、求人が豊富にあります。夜勤がある企業であれば、月収30万円以上を得られることが珍しくなく、給与アップを目的とした転職もできるでしょう。

転職しやすい職種

ここでは、転職しやすい職種を2つ紹介します。

・営業職
・介護職

営業職は、専門的な資格・スキルがなくても取り組める仕事です。コミュニケーションスキルは求められますが、ルート営業であれば決まった顧客と取り引きをするため、人見知りの人でもはじめやすいでしょう。営業職の求人は業界を問わず探せるため、今までの経験を生かしたい人は同業界の求人を探しましょう。

日本では高齢化が進んでおり、介護職の需要は年々高まっています。2025年に団塊の世代が後期高齢者に、2040年に団塊のジュニア世代が高齢者になることから、今後はより人材が必要となります。近年は、介護職の処遇改善が進んでおり、施設によっては年収400万円以上を得られることも珍しくありません。

年収アップが期待できる企業の探し方

転職後に年収アップが期待できる企業には、下記の特徴があります。

・毎年増益している
・賞与額が高い
・定期昇給がある

求人を探す際は、3つの情報に着目しましょう。ただし、賞与額・定期昇給は過去の実績が掲載されている場合がほとんどであるため、入社後に求人情報に記されていた内容と食い違っていたことに気づくことが少なくありません。そのため、企業の内部事情に詳しい転職エージェントを活用して転職を進めることをおすすめします。

20代後半におすすめの転職エージェント8選

転職エージェントとひと口にいっても、業界に特化したエージェント・性別に特化したエージェントなどさまざまな種類があります。20代後半の人が転職する際は、20代の支援に特化した転職エージェントと、専門性が高い人であればハイクラス向けの転職エージェントの活用がおすすめです。

以下では、20代後半におすすめの転職エージェントを8つ紹介します。

マイナビエージェント|サポート期間が無期限


公式URL:https://mynavi-agent.jp/
「マイナビエージェント」は、20代の転職に強いエージェントです。他の転職エージェントのように、サポート期間が設けられてなく、好きなタイミングで転職活動を進めることが可能です。

また、非公開求人を含め10万件以上の求人を保有しており、ほぼすべての業界・職種に対応しているという特徴もあります。さまざまな求人情報を比較したい・じっくりと転職活動を進めたい人にマイナビエージェントはおすすめです。

マイナビエージェントの公式HP・無料登録はこちら

doda|転職サポートが充実


公式URL:https://doda.jp/consultant/

「doda」は、転職者満足度No.1の実績を誇るエージェントです。求職者1人ひとりに専任のキャリアアドバイザーが就き、カウンセリングから内定まで一貫してサポートする体制が整っています。

他にも、dodaの特徴として「転職タイプ診断」「キャライアタイプ診断」「年収査定」「適職診断」などコンテンツが充実していることが挙げられます。不安・悩みを解決しながら転職活動を進めたい人に、dodaはおすすめです。

dodaの公式HP・無料登録はこちら

リクルートエージェント|実績が豊富

リクルートエージェント
公式URL:https://www.r-agent.com/

「リクルートエージェント」は、「マイナビエージェント」「doda」と並ぶ大手の転職エージェントです。転職サポート実績には定評があり、転職市場に詳しいキャリアアドバイザーが多数在籍しています。

利用者からは「希望に合った求人を提案してもらえた」「親切に転職に関するアドバイスをしてもらえた」など、良い口コミが多数見受けられます。実績豊富な転職エージェントを利用したい人は、リクルートエージェントがおすすめです。
リクルートエージェントの公式HP・無料登録はこちら

パソナキャリア|年収アップに強い


公式URL:https://www.pasonacareer.jp/

「パソナキャリア」は、株式会社パソナが運営する転職エージェントです。年収アップに強い側面があり、利用者の約3人に2人が転職後に年収アップを実現しています。そのため、利用者からの満足度は高く、今までの25万人以上の転職成功実績があります。

他にも、パソナキャリアの特徴として、女性の転職に強いことも挙げられます。女性のキャリアプランに寄り添った求人の提案・サポートを実施し、女性利用者からも支持を得ています。年収アップを目的に転職する人などは、パソナキャリアに登録しておきましょう。

パソナキャリアの公式HP・無料登録はこちら

type転職エージェント|関東地方の転職に強い


公式URL:https://type.career-agent.jp/

「type転職エージェント」は、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県などの関東地方の転職に強いエージェントです。求人数は大手の転職エージェントに劣るものの、IT・営業・販売・管理・ものづくり・エグゼクティブの領域に強いことが特徴です。

関東地方で転職を考えている人は、type転職エージェントの利用を検討してみましょう。

typeエージェントの公式HP・無料登録はこちら

ビズリーチ|ヘッドハンターに相談できる


公式URL:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは、年収600万円以上を目指したいハイクラス者向けのスカウト型の転職エージェントです。通常の転職エージェントとは異なり、登録する際には審査があります。また、無料でも利用できますが、有料会員になることでヘッドハンターに相談できるなどのサポートを受けることが可能です。

ハイクラス者向けの転職エージェントであるため、すべての人が利用できるわけではないものの、転職する業界に十分な知識がある・役職に就いている人は、ビズリーチの登録審査に応募することをおすすめします。
ビズリーチの公式HP・無料登録はこちら

ランスタッド|高収入の求人が多数


公式URL:https://www.randstad.co.jp/
ランスタッドは、世界39か国4,700か所以上に拠点を持つ大型の転職エージェントです。国系企業だけでなく、外資系企業の求人も多く取り扱っており、グローバルな活躍をしたい人におすすめです。

また、年収800万円以上を超える求人も掲載されており、専門性が高い職に就いている人・役職に就いている人であれば、高確率で年収アップを目的とした転職ができるでしょう。ただし、中には語学力が問われる求人もあるため、国内のみで働くことを検討している人は注意が必要です。
ランスタッドの公式HP・無料登録はこちら

ウズキャリ|20代の未経験転職に強い

ウズキャリ
公式URL:https://kisotsu.daini2.co.jp/
UZUZ(ウズキャリ)は、20代の未経験転職に強い転職エージェントです。
UZUZ(ウズキャリ)で登録している優良企業は1500社以上で、IT業界に強い転職エージェント。
また、ブラック企業を徹底排除し、優良企業とだけ契約を結んでいるので安心してサポートを任せられます。
第二新卒に強いエージェントとして有名ですが、20代後半から未経験職種に挑戦したい方にはおすすめです。
就活サポートは、1人当たり平均12時間をかけてキャリアカウンセリングや面接対策、入社後のサポート体制まで万全です。
ウズキャリ(UZUZ)の公式HP・無料登録はこちら

まとめ

20代後半の転職は、20代前半と転職する難易度こと変わらないものの、給与がアップする確率は低くなる傾向です。20代後半で転職に成功する人の特徴は、「転職する理由が明確」「自分の短所を理解している」「1社にこだわらない」などが挙げられます。また、事前の準備・企業の選定・書類作成など、段階を踏んで転職を進める人も成功率が高くなる傾向です。

20代後半で転職を検討している人は、年齢や職歴に合った転職エージェントを活用することが大切です。自分に合った転職エージェントを利用すると、希望条件に合った求人を見つけやすい・年収アップが期待できるなど、さまざまなメリットがあります。転職エージェントを選ぶことに迷う人は、この記事で紹介した転職エージェントから登録してみてはいかがでしょうか。

★関連記事